自然の風合いを楽しめる素材

良質の天然乾燥材で、自然の色つや・香りを


天然乾燥材イメージ輪和建設では、「天然乾燥」で仕上げた国産および奈良県産の木材を使用しています。文字通り、木を屋外に置いて自然に乾燥させる方法です。厳選された良質の木でしかできない乾燥方法で、熱源で強制的に乾燥させる「人工乾燥」に比べて、時間や手間がかかります。

しかし、時間をかけて天然乾燥させた木材は、木が本来持つ粘り強さを保つだけでなく、香りや色つやに独特の風合いを放ちます。さらに心材に含まれる成分が、高い防腐・防虫効果を持っていることが分かっています。

また、木をゆっくり乾燥させると、表面から中心に向かってひび割れが生じますが、繊維のつながりは保たれます。もともと日本の木造建築は「割れやすいが粘り強い」という木の性質を前提とした作りになっており、天然乾燥材は、日本の家づくりに適した素材だと言えます。

何十年もかけて育った木は、ゆっくり乾燥させてあげるのが、木にとっても良いことではないでしょうか。こういった理由で、弊社では天然乾燥にこだわった家づくりをおすすめしています。

こだわりの自然素材を随所に

現在、一般的な住宅建築で普及している「新建材」は、施工性や省コストなど様々なメリットがある一方、建材に含まれる化学物質が、「シックハウス症候群」の一番の原因とされています。いくら便利なものでも、それがご家族の健康を損ない、暮らしに悪影響を与えることがあってはなりません。そこで輪和建設では、室内に化学物質をできるだけ入れないよう、木や漆喰、和紙などの自然素材を標準使用しています。

自然素材は、体に優しいだけでなく、空気や温度・湿度の変化に柔軟に対応し、心地良い住環境を生み出してくれます。また、室内の湿気や臭い、化学物質も、壁や天井を通して室外に排出してくれるのです。これは、壁内に通気構造を持つエアパス工法ならではのメリットと言えます。

漆喰

壁は、漆喰仕上げが標準です。防火・調湿効果に優れる上、消石灰が化学反応で固まるため接着剤等の化学物質は含まれていません。
従来の平滑な仕上げができる漆喰と、ホタテの貝殻を含んだ、起状のあるものが選べます。

輪和建設の漆喰

収縮してひび割れや隙間ができやすく物があたると欠けてしまうこともあるのが欠点です。2年目をめどに大きく隙間ができたところは補修していきます。汚れを気にする方もおられますが、実際はクロスより汚れが付きにくい素材です。

自然塗料

弊社では、塗料もできる限り自然素材を使います。屋外の木部ではリボスや柿渋、屋内では「木塗油」というヒバ油などからできた油性の自然塗料を使っています。

輪和建設で使用する自然塗料

乾燥剤が含まれておらず、乾燥時間はかかりますが、化学物質に敏感な方でも大丈夫です。

和紙

天井やふすまには和紙を使用します。漆喰と同じく、調湿や消臭の効果があります。

和紙を使った家づくり

※ご予算に応じて、紙クロスやコットンクロスもお選び頂けます。

無垢材(1本の原木から切り出した、角材・板材)

家づくりの中心となる木材は、国産および奈良県産の無垢材を使用します。日本有数の建築材料「吉野杉」「吉野桧」をはじめ、粘り強く横架材に適した「赤松」、防虫効果に優れる「ヒバ」などがあります。

無垢材イメージ

近年多用されている海外の安い木材には、化学薬品を塗布したものも出回っていますが、その点、国内産の無垢材なら安心です。

無垢材の木は工業製品と比べ収縮や反りによる隙間や歪みが出てくることが欠点です。そのため適材適所で無垢材を使い分けることが大切です。ただし、建具などは暮らし方により開閉しづらくなる場合があります。定期的なメンテナンスが必要になります。

私たちが自然素材にこだわる理由

輪和建設株式会社 専務 中西春代弊社がかつて、ハウスメーカーの下請けをしていた頃、私たち自身が建てた家で、家族がシックハウスの症状に苦しめられる、という出来事がありました。
「自分たちが住めないような家を作って、子どもたちを養っていくのか...?」
その葛藤から、自らの家づくりを考え抜いた末、たどりついたのが、天然乾燥材と自然素材をふんだんに使った昔ながらの家づくりでした。

私たちが自然素材を使うのは、ブームに乗ってのことではありません。あくまで「自然の恩恵を受ける」という謙虚な気持ちで、日本の風土に適した本来の素材を使い、次世代へ受け継ぐ長寿命の住まいを作りたい、との願いからです。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ