「高気密・高断熱」は「高性能」?

北海道で生まれた家づくり

雪が積もる民家近年、「高気密・高断熱」を売りにするハウスメーカーが増えています。その名の通り、家屋の開口部を少なくし、断熱性能を高めるなどして、室内外の空気の出入りや熱移動を少なくするよう設計された住宅です。

外気温の影響を受けにくく、冷暖房効率に優れ省エネ性が高い、住居内のどの部屋も同じ室温に保てるなどのメリットから、「冬暖かく、夏涼しい、年中快適な家」として人気が高まっています。

ところで、この「高気密・高断熱住宅」という考え方は、北海道から始まったものです。冬の外気、マイナス10℃以下。極寒の地に暮らす人々が、室内の暖気をわずかでも外に出すまいと、「高気密」に向かうのは、ごく自然な流れです。ですが、その家づくりが温暖な関西地方に住む私たちにも適しているかは、よく考えてみる必要があります。

夏の住み心地を考える

冬の寒さをしのぐという発想から生まれた高気密・高断熱住宅。では、夏の暮らしには、どのように適応するのでしょうか。

高気密・高断熱住宅は、断熱性を高めるため、熱が逃げやすい窓や開口部を、できるだけ少なく設計しています。基本的に冷房効率は良く、夏は窓を閉めきって冷房をかけ、機械換気を行うことになります。

輪和建設モデルハウスリビング

ですが、高い断熱性のもととなる断熱材は、グラスウールにせよ石膏ボードにせよ、実はそれ自体が、大きな蓄熱(熱をためこむ)能力を持っています。昼間、断熱材に蓄熱された太陽熱が、夜には室内に放出され、室内は暑いまま。そのストレスはかなりのものでしょう。

温暖な地域での家づくりをお考えであれば、こういった「夏の住み心地」にも、思いを巡らせて頂ければと思います。

デメリットを解決した工法も

この他、一般的な高気密・高断熱住宅のデメリットとしてあげられるのが「結露」と「換気」の問題です。

外気の影響を極力小さくする高気密・高断熱住宅では、室内外の温度差は大きくなり、結露が発生しやすくなります。窓などの表面結露はふきとれば良いですが、やっかいなのは、壁の中での結露。壁の木材や断熱材を腐敗・劣化させ、建物の寿命を短くするだけでなく、ダニやカビの発生源にもなります。

輪和建設モデルハウス吹き抜け

また、窓が少ないため、計画換気をしっかりと行わないと、室内空気の汚れ、化学物質によるシックハウスなど、様々な問題が起こります。特に、冷暖房設備の継続使用にあたっては、換気に十分な配慮が必要です。

寒い冬を暖かく過ごす知恵として「高気密・高断熱住宅」が生まれたように、より快適な住空間を求めて、家づくりの技術・工法は日進月歩です。私たち輪和建設が取り入れている「エアパス工法」もその一つ。壁体内換気により床下から小屋根への「風の道」をつくることで、結露を防ぎ、四季を通じて健康で快適な室内環境を実現しています。

安心・快適を生み出す、様々なノウハウが詰まった輪和建設の家。実際の住み心地を、お客様に聞かせて頂きました。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ