ZEHビルダー

ZEHビルダーとは

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」とする政策目標が制定されました。

経済産業省は2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。この制度は補助事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、建築設計事務所などを対象として公募を行い、「ZEHビルダー」として登録するものです。

当社では「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2020年度に向けたZEH普及率目標を策定いたしました。

ZEHの目標

2016年度 新築 10%  リフォーム 0%
2017年度 新築 25%  リフォーム 5%
2018年度 新築 35%  リフォーム 5%
2019年度 新築 45%  リフォーム 5%
2020年度 新築 50%  リフォーム 10%

ZEHの周知・普及に向けた具体策

弊社はパッシブソーラーハウス(エアパス工法)をメインとし、認定長期優良住宅を標準仕様としています。

自社ホームページや取材を伴う住宅雑誌への掲載などでお施主様の住み心地などを交えてZEH住宅をアピールしていきます。

また、ZEH住宅建築の際は見学会を実施し、お客様に実物を体感した上でZEH住宅を選択していただける場を設けていきます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

ZEH住宅施工の標準仕様を作成し、併せて新規取引先の開拓をし、全体の受注率を上げて受注の安定化を図ることでコストダウンに努めます。

その他の取り組みなど

単にZEH基準を満たすだけではなく、創エネルギーだけに頼らない、自然のエネルギーも利用した、家本体の省エネ性能を重視した家づくりに取り組んでいきます。

私たちの家づくりを、もっと知って頂きたいから。詳しい資料を、無料でお送りしています。 資料請求はこちら

前ページへ

このページの先頭へ